陰部 色素沈着 睡眠

陰部の色素沈着を改善する食事

陰部の色素沈着を解消するには食べることよりも寝ることの方が大切。

 

睡眠は重要!しっかり眠って陰部の色素沈着を消す

 

ここではまず何故陰部の色素沈着に睡眠は必要なのか詳しく解説したいと思います。

 

 

夜更かしをしたり鉄やしたりすると翌日頭が痛くなったり下痢をしたりすることがあります。

 

これはなぜかというと睡眠中に体の不調を整える作用が働かなかったからです。

 

これは肌にも同じことがいえます。
睡眠を削っていると肌を整える機能が弱って肌が荒れるということが起こります。

 

日中は血液がもうやその他動いている所に集中するから
皮膚などの部分では血液が流れにくくなっているからですね。ているときはもう休んでいるので腹に血液が行き渡り技のダメージが回復されます。

 

 

眠り始めの3時間は特に重要

眠り始めて3時間は成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは子供に限ったことではなくことなの肌にとっても重要なこと。

 

この成長ホルモンが肌の細胞を新しくして夜な夜な傷などの修復をしています。この傷の修復には6時間かかります。

 

ですのでどんな形でも6時間は最低になければいけません。それもまとめて取らないと効果がなく夜まとめて睡眠をとることがいかに重要か肌にとってもわかると思います。響図長野修復をしています。

 

 

寝る時間

陰部の色素沈着を改善するには夜10時から深夜2時に寝ないといけないのか
夜10時から深夜2時は肌のゴールデンタイムといわれていてその間に寝ることが色素沈着対策に良いといわれています。

 

しかしこれを守れる人はごくわずかでしょう。
ですのでせめて寝る時間をその日のうちに出るようにするつもり23:59までにメールすることを止めましょう

 

 

就寝時間を揃えることも大切
毎日就寝時間が違うと体内時計を乱すます。
それは成長ホルモンの分泌にも大きく関わってきます
プラスマイナス30分程度の規則性で同じ時間に寝るようにしましょう9

 

睡眠は質も大事
6時間取れば良いというものではありません。
良い睡眠をとる必要があります。良い睡眠というのは初めの3時間に成長ホルモンはちゃんと分泌されるようにする寝方です。

 

 

 

寝る時の環境を正しくする
寝る瞬間前まで携帯電話を使っていたりpcのチカチカする画面を見ていたりすると脳が活発に活動したまま寝ることになるので寝つきが悪いです。

 

寝る1時間前までにパソコンやスマホはやめて明かりを暗めにします。
そうするとメラトニンというホルモンが分泌されて寝るための準備が整います。

 

 

ご存知と思いますが、睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があります。そしてそれが交互に繰り返されて6時間が7時間半後9時間・・・1.5時間うるさいことが繰り返されて目覚めます。
このサイクルに合うように起きると目覚めが良くなります。

 

 

寝るための環境を整える
喉が乾いたらカフェインの入っていない飲み物を取るコーヒーや紅茶や緑茶は寝る前には避けるべきです。

 

避けるべきなのは夜8時以降その前にコーヒーなどは飲み終えておきましょう

 

 

アロマオイルを使う
アロマワックスの効果があります。ラベンダーカモミールなど好みの香りが使うことで眠りを促します。

 

 

ヨガやストレッチなど軽い運動する
息がゼーゼーしない程度の運動をすると眠りのスイッチが入りやすくなります。ヨガなどの軽いストレッチを行う

 

 

枕高さのものを使う
枕の高さは何センチ前後がちょうどいいのです。
後頭部が当たる部分が5センチ頭の首の後ろが7センチ程度のものが最適です。

 

陰部黒ずみ