更年期障害 エクオール

更年期障害にはエクオールが薬よりよく効く※主婦の感想

 

そして睡眠薬や抗うつ剤など飲んでいる場合はピルを併用することができない場合もあります。

 

以前はおっぱいが張るぐらいの症状だったんですが、だんだんと体がふわふわとした状態になって胃がむかつき生理が始まると会場します。

 

ホルモンバランスの変化でめまいが起こることもあります。

 

脳の視床下部からしれが出る自律神経は女性ホルモンも同じ所から出ている神経なので生理前にホルモンバランスが悪くなると自律神経の働きまで悪くなってめまい吐き気などの進退症状が出る場合もあるようです。

 

嘔吐してしまうほどなら子宮内膜症の可能性があります。

 

知っている人で突然嘔吐して救急車で運ばれた人がいるのですが、卵巣破裂する茎捻転と診断を受けました。

 

年齢がわからないので絶対とはいえないのですが、30代以上でだんだん生理が重くなって生理の終わり頃痛みが増してくる場合は子宮内膜症か卵巣嚢腫になっていることが多いものです。

 

ですので、一度婦人科に行ってそのように病気がないか見ておく必要があると思います。

 

乳房の痛み

というのも更年期障害でよく見られる症状です。

 

更年期障害では乳房が張って痛みが起こります。

 

生理前になると乳腺症になりやすいから胸が張るといわけではありませんが、子供が2人いて妊娠前は更年期障害や生理痛がひどくてかなり苦労しましたが、仕事中は貧血から立ちくらみを起こすことがありました。

 

生理とは関係なく体のケア心のケアをすると落ち着きます。

 

食べ物に気を使うとか体を動かすとかウォーキングをするなどピルを飲んでそれがよかったのか少しずつ良くなっています。

 

更年期障害の人は全体的にマグネシウムやカルシウムなどのミネラル分が不足しているとされています。

 

鉄分や亜鉛などもしっかり取るべき成分で鉄は血液中でヘモグロビンと結びついて酸素を運ぶのですから、足りなくなれば当然顔面蒼白になります。

 

哲也亜鉛は食事のバランスをきちんとしておれば不足することはありません。

 

ので無理なダイエットをしなければ大丈夫だといえるでしょ子宮や卵巣は女性ホルモンの影響を受けているため子宮や卵巣に病気があると生理中や生理前に症状が強くなることがあります。

 

子宮内膜症は生理が起こっている女性には10人に1人で見られる非常によくある病気で子宮内膜が子宮の外側卵巣などにできてそこで子宮内膜症生理を起こすことをいいます。

 

つまりはがれる場所が違っているんです。

 

卵巣の内部に子宮の内膜ができると柔らかい袋ができて中に血液がたまるチョコレート嚢胞が誇ります。

 

これが起こると破裂して腹膜炎なったり手術が必要になることもあります。

 

子宮内膜が腸の中にできることがあります。

 

そうすると出血を起こすこともあります。

 

出典:エクエル(エクオール)体験記